突然ですが、卒業しました!
2013年11月7日
最終テキスト『ブランマスートラ』に挑む!②
2013年11月8日
Show all

インドの伝統的な「ヴェーダーンタ」(ヴェーダ聖典の最終章に書かれた教え)は、

またの名を

『ウパニシャッド(奥義書、ヴェーダ聖典の最終的な教え)』といいます。
なので、
ヴェーダーンタ と、ウパニシャッドは同じ1つの教えのことを指しています。
Cimg2380
みんなの『ブランマスートラ』テキストがお寺で朝清められています。最後のテキストのための特別な儀式がGoing on!
ヴェーダーンタ = ウパニシャッド (同じ!同ーじでーす)
その『ウパニシャッド(奥義書、ヴェーダ聖典の最終的な教え)』は、108あるといわれていたり、現代も増え続けている?!といわれていますが、
代表的なものは8世紀にシャンカラアーチャリアの書いた『バーシャン』という解説がついた10個です。
この10個の『ウパニシャッド(奥義書、ヴェーダ聖典の最終的な教え)』のいくつかを学んだ後、仕上げとして
『ブランマスートラ』
というテキストを学ぶのがヴェーダーンタ学派の習わしです。
『ブランマスートラ』
は、「ブランマン(普遍の存在)」についての教えが記されたスートラ。
『バガヴァッドギーター』や『マハーバーラタ』物語りの作者である聖者ヴャーサが書いたといわれています。
わたしが卒業した3年コースも、この『ブランマスートラ』が最後のテキストでした。
このスートラを学べるところまで教え続けてくださった先生にお礼と、
最後の教えを同じ先生にお願いするために、
特別な儀式とお祭りが行われました。
最後のテキストに挑むための気合いと祈りが校内いっぱいに満ちていた日でした。
Cimg2371
先生をお迎えする講義室に奉られたバラの花びらの中に浮かぶオイルランプ。
Cimg2373
先生の住む場所から講義室まで飾られた先生にリスペクトを現すための花道。
Cimg2376
先生御愛用のYamahaのカートもバナナの葉とお花でデコカートに!
Cimg2378
デコカートの前で、はしゃぐ日伊印・三国同盟団。
dev
dev