象が走ったとか、強い風が吹いたとかで激変するこのインド山奥のネット事情。

新年は1日から2週間ネット断絶状態、今も不穏な状態が続いております。

なので、できるときにブログも更新したいと思います。



ネットが繋がっていないと、活気ある世界から完璧に切り離されたようですね。

そんな時は、静かに山奥で息をするしかありません。


しかし、考えてみれば、

タクシーで普通に“野生の象”を轢きそうになって(いや、ホントはタクシーの方が轢かれる立場ですが・・)
急ブレーキで止まったり、

道を歩くと“野生の孔雀”と凄い勢いですれ違ってしまったり、

もの音がすると振り返ったら、“鹿”の集団が首をかしげて不思議そうにこっちをみていたりする山奥っぷり。


先日は

ガサガサゴソゴソ森の方から音がすると思ってみると
20匹のヤギがつるんで暴走していたり、


ある日の夜中は

「ブーブーうるっさいなぁ! だれだよ、もう、眠れないでありましょう?」

と窓をあけてみると、私が庭に捨てた人参をくわえた野生の豚親子が、
申し分けなさそうな顔で固まっていたりする・・・
というありさま。




そんなインドの山で、

「WIFIに繋がっていた」とか

「調子よければ、コーヒー片手にスカイプ」とか、

なんだったら

「Youtubeでかわいい動物動画をダウンロード」

などできていた、という方が奇跡でしたからね。。


やっと最近復活したのでブログを更新できているのです。




さてさて、

昨年末は過去の悪行の数々を清算するのにテンテコマイでした。


私達はみな、カルマの法則によって生きて
いる、


というのがYogaの経典の教え。


過去にしたカルマ(行い)は、必ず同じ様な結果として、行いをした本人に返ってきます。


徳の高い行いは、心地の良い体験に、

逆の行いは、苦ちぃい、イタイ体験になって、

ブーメランのように戻ってくるのです。

そして、
過去にした徳高い行いも、罪深い行いも、結果はすぐに形になるものもあれば、

時間がたってから現れものもあります。

すぐに形にならない行いは、「プンニャपुण्य्(徳)」と「パーパपाप(不徳)」という形で貯められ、

しばらくした後に

「パーパपाप(不徳)」は、
“痛みや苦しみを伴う体験”=「ドゥリタ(パーパカルマの消化)」

として、

「プンニャपुण्य्(徳)」は
“楽しい、心地よい、精神を高められる体験”として行いをした張本人にやってきます。


どちらにしろ、カルマは“本人が体験をする”ことでのみ消化されます。

 


「ドゥリタ(パーパカルマの消化)」は、痛みを伴う経験をすることで、

「パーパपाप(不徳)」は解消され、過去の罪は清算されてゆくのです。

これがカルマの法則と自然界の絶対的システム。



私の元にも、年末から一斉に「パーパपाप(不徳)」が解消を求めてやってきたようでした。

法則である以上どんな人も同じです。


ペーペーのYoga修行者も、べてらんヨーギーも、大統領も、御坊さんも、インド人も日本人も同じこと。

自分でまいた種は、自分で刈り取って、自分が消化するしかないのです。

そして山に籠って日々ハードコアな?インド哲学を学んだり、祈ったり、瞑想したりしていると、どうしても解消せね

ばならない過去のカルマが怒涛のように押し寄せ、浄化を速めくれるかのようなのです。




・・特に年末はひどかった・・

兆しは12月に入ったとたん、現れました。


10年前「絶対生えない!」と宣言された最後の親知らずが大暴れ。

どうにもならず、

80%が骨に埋まった親知らずを、なんとここインドで抜くはめに・・

インドに来てから軽い入院、点滴、注射、肝炎騒動、いろいろありましたが、

ついにインドにて体にメスを・・・


Yogaの力が発揮できず・最新医療に頼りました。無念なり・・



超シンプルなインドの歯医者の病室で、数々のペンチやのみ?

恐ろしげな治療器具や注射をみたとたん、ピャーと震えあがったものです。

その余裕のなさっぷりは、貴重な体験をカメラに収めることすら忘れるほどです。


本当にビビってました。




何とか無事手術を終え、ひたすらおとなしく、1週間程無言の行をし、回復を祈りました。

が、抜糸のタイミングで謎の全身関節痛と発熱で寝こみ、気がつけば年が明けていました。



起きたら声がでない奇病に襲われ・・・



さらに、5日後に声を取り戻したと思ったら、別人のような野太いおかま声になり、咳が止まらず。


回復に3週間かかったのですが、その途中、

肺や喉や目からビックリするようなカラフルなリキッドがでてきましたよ。




・・人間の体って神秘がいっぱいなんだね!


・・・


これは一部ですがなんとか、「パーパपाप(不徳)」を解消できた模様で、

今はかなり絶好調に近い状態まで回復しました。


あー健康ってすばらしい!


終わってしまえば、すべてよい体験です。

今回も学んだことはたくさんあります。


みなさんも、
悲惨なことが立て続けにおこって、

「自分だけ不幸。ツイテない、アー悲惨、あー悲しい、」

とか思ってしまったら、


Yoga的に逆境に耐える言葉を呟いてぜひ乗り越えてください。

それは、



「今は、過去の罪や良からぬ行いを特別浄化中。

ここからさらに前に進み、人間的に成長し、

Yogaを達成するために「パーパपाप(不徳)」を一気に清算中。

 

つまり「ドゥリタ★クシャヤ(過去の罪を滅する)」なのさっ


痛みを伴う経験だけが、「パーパपाप(不徳)」を解消できると聖典もいっているじゃないか!


起こることを受け入れるのがYoga。

カルマを消化することは、すなわち浄化。


すべて明るい未来のためなんだなっ」

といって、乗り越えるのです。

騙されたと思って試してみてください。




とにかく

「自分だけ不幸、あー哀れなり・・メソメソメソ」

というメメシサや孤独感からは抜けだせますよ。

そして、どういうわけか、浄化のイタメシ~イ体験を黙って耐えると、

それらが通り過ぎた後、なんだかネクストステージが待っているようなのです。


きっといい風が吹いてきますよ!



今のあたくしの心は、新たに沸いた希望とやる気に溢れ、春の空のように暖かく澄みきっております。

あんな暗黒時代にいたのが、嘘のようです。


というわけで、どうかつらい時を迎えていらっしゃる方、

「今が浄化の期間なり」

 

「ただ今カルマ消化中!」


と。

そう信じて乗り切ってくださいね。

ではでは~

********************


Cimg2194 インドで親知らずを抜いた次の日。

はーあ、こんなに腫れちまって・・

まあ次の日はこの倍腫れましたがね・・

でも今はピーナッツが食べられるほどに復活! 


人間万歳。健康一番!


Cimg2202

懸念の右下の親知らずは80%骨の中に埋まり、切って縫ったのですが、

なぜか歯ぐきと頬が縫われていてしばらく口が開けられず。痛いし、腫れているのでしばらくはこんなものを食しておりました。

というか、飲んでました。


ダルというレンズ豆の水煮をブレンダーでつぶしたり、

ポリッジというオートミール(薄いお粥?)をさらにつぶしたり。

驚くべきは、凄く優秀なブレンダーがインドにあること。 

その威力たるや!


Cimg2205 さらに

インドにはこんな優秀なサプリたちが!

ベジタリアン用のプロテインの粉、14種類の穀物と豆を引いた粉。

この粉はお湯に溶かすとトロッとした栄養満点スープに。

インド版ポカリスエット”エレクトラル”や、ビタミン、カルシウムも。

そして抜群にきいた抗生物質。


インドで手術、悪くないかも?!です


dev
dev