From悩み ⇒To悟り Yoga的可能性⑥<Yoga的解決>
2011年7月14日
From悩み⇒To 悟り Yoga的可能性④
2011年7月14日
Show all

すべての問題は、なんと私の勘違いでした。。。
これがリアルな私の苦悩と絶望の正体。
なんだか悪い冗談みたいな話だ・・
しかし、聖典にいわせると、これが現実なのだ。
ということは、私たちは、
元々実体がない、存在がない問題を解決しようとしているのか?
ひょっとして、ただの「妄想」にすぎないものから自由になろうとして必死になっている?
そう、そのとおり。
私の師はよくいう。
「悟りを目指す、ということは、世界最大のジョークを解って、笑い飛ばそうとしていることなのだよ」
まるで、架空のロープにしばられた牛のように。
・・・・・・
牛飼いは、牛をたまに“見えないロープ”で縛ることがある。
本当はロープなんてないのだが、縛っているフリをするのだ。
そうすると牛は自分が縛られていると思って、架空のロープの範囲内でしか動けなくなる。
逃げよう、
自由になろう、
なんて思わない。
「なんで自由に隣の牧草にいかないの?」
誰かが聞いても、牛はいうだろう。
「だって縛られてるもん。」
・・・
ロープの実態を見もしないで。
事実を確かめもしないで、
牛は見えないロープに縛られる。
本当は、ロープなんて在りもしないのに。
牛は何が自分を縛っているのか見極めもせずに、無知のまま、
“見えないロープ”に縛られ続け、自由を制限される。
同じ様に、私たちは、自分の真実を見極めずに、
架空の「妄想」に縛られて、自由を奪われている。
悩み、苦悩、悲しみという、
実体のないロープに縛られている。
そして、
牛飼いが、このロープを外すためには、
「見えないロープ”を外す(フリ)」を、牛に見せなくてはならない。
そうしないと、牛は解らない。
自分が自由であるどうかを。
牛飼いがロープを外す動作をみてはじめて、
牛は「自由になった!」
と喜んで囲いの外へ飛び出していく。
最初から縛られてなんていなかったのに。
本当は、あのときも自由だったのに。
私たちがしているYogaは、これに少し似ている。
もともと実体のない問題に縛られ、自由を奪われているようにみえる。
そして、それを頑張って、解こうとしている。
息を止めたり、考えを止めたり、体の動きを型にはめたり、
いろいろなテクニックを駆使して。
でも、本当は自分の「妄想」に縛られて身動きがとれなくなっているだけだ。
Yogaの修行や探求、瞑想の真の目的は、実体のない問題の“本質”をみることにある。
自分は何にも縛られてない、
私たちは初めから自由だった、
そして、いつだって自由だ。
ということをわかるために。
その理解をたすけるYogaの師の役目とは、牛飼いのように、「“見えない”ロープを外す」ふりをしながら、問題の根源を見せる事にある。
「ちょっと、ちょっと・
あんたが今、不自由に感じている、悩んでいるという、“ロープ”の実態をみてみなさいよ。
これがリアルなロープかい?
あんたを死ぬほど悩ませてる悩みとは、本当は何の事なのだ?」
・・・・
何もしなくても、今私たちはこのまま、ありのままで
すでに自由なのだ。
だけど、それが判らない。
答えは自分の中にはない。
夜の深い闇の中には、自ら光る物が何もない。だから暗過ぎて何も見ることができない。
闇を照らすのは、闇の外から持ち込んだ“明り”であり、光”だけである。
私たちの深い“無知”の闇は、
闇を解消するための“明り”を外からもたらされなければならない。
闇自体の中には、光はないのだから。
この無知を照らす光は、聖典の言葉であり、ヴィジョンである。
そして光を持って、闇を照らし、明りをもたらすことができるのが、
師の伝える教えとメソッドだということになる。
**************************
Cimg1326_2
マンゴーの季節と相成りました。
いや~しかし、でっかいですね。
すばらしい!
この季節を1年耐えに耐えてまっていましたよ。
さてさて、まずはお供えしてから頂きましょう。
ちなみに1Kg=50Rs(100円) です。
マンゴーに関しては、インドっていい国だよなぁ

dev
dev