From悩み ⇒ To悟り Yoga的可能性⑩
2011年7月13日
From悩み⇒To悟り Yoga的可能性⑧
2011年7月13日
Show all


【アンインストール】

心の中で次のような内容のことを、言葉にして言ってみる。
そうやって宣言することが、この方法の効果を上げる。
「この心に浮かんだ人は、あくまでも私がとらえた人物像だ。
この人は、過去に“私の見方”で見た人である。
そして今、“私の見方”でみている人である。
それは、その人を正確にとらえているかもしれないし、
違うかもしれない。
あくまでも、“私の見方”でとらえた人でしかない。
その人があるがままでいる“自由”を私は与えよう。
その人自身はすでに自由だが、
私の思い方ということから、自由に解放しよう。
私がみている“その人”には、その人なりのバックグラウンドがあり、そうある事情がある。
私に対して、その人がした発言や行いにも、すべて事情がある。
その人なりの理由がある。
あの時点では、その人ができたベストの振舞いだったのだ。
この事実を認め、彼に自由をあげ、私の内から解放しよう。
人は、その人が生きる領域において、自由に振る舞える権利がある。
私にその人を変える権利はない。
だから、自由にしよう。
私の中でも、その人が自由であるように、私の思いから解き放とう。」
この主旨の言葉を心の中でいう。
そして、自分の思い入れがある人を、自分の心の中から自由にする。
その人がありのままでいられるように、
さらに、自分がありのままにみていられるように。
一通り、気になる人々に対して、このアンインストールをする。
これは物事を客観的にとらえる、かなり有効な方法だ。
メリットとして、確実に自分の中のモヤモヤや怒り、悩みが激減していくことに気がつく。
⑤ その後で、自分の事を見てみる。
この肉体、呼吸。
そして五感の動き。
心。
心に思いを映している自分。
特有の思い方、考え方をする自分をみる。
思いを見ている自分は、どの考えにも染まらずに、物事を意識する純粋な意識体だ。
それが、“素の自分”である。
何の役も演じず、何の思いにも染まらず、悩みがない。
とても客観的にただ“在る”自分。
その状態に、しばらくとどまる。
“落ち着き、静けさ、心地よさ、安心感、”を知る。
“満ち足りているということの意味、
“何の要求もない幸せ、ということの意味“
それらの意味に他ならない自分を知る。
素の自分とは、私たち皆が探している「幸せ」の意味である。
私こそが、「幸せ」の意味そのものであるという事実を知る。
このメソッドが、「世界と自分の事実を客観的にとらえる」有効な方法である。
この瞑想は一度行えばいいというものではなく、瞑想をしていなくても、その人を自然に受け入れる事が出来るようになるまで、何度も繰り返す必要がある。
“ある人”の存在によって、自分の心が揺れ無くなるまで。
問題を抱える事が無くなる時まで。
この方法は何度も行う。
やがて、自分を悩ませる人、脅威を抱かせる人は、私の中にはいなくなる。
心の平和が保たれる。
それが、客観的に物事をみる、ということだ。
まるで、海を見ていた時の自分のように、
“ややこしいことをいうあんな人や、
いつも不満たらたらで、仏頂面のあの人“
たちに客観的に接することができるようになる。
そこを目指しているのである。
それが、『ヴェーダ(聖典)』の最終的ヴィジョンを理解する一番の準備となる。
*************************************
なんでこんなにブログの更新が遅いのかって?
それはネ、 野生動物にネット回線を邪魔されているからなのさ。
Cimg1281
お解りいただけただろうか?
この至近距離での野生の象・
こんなものが、徘徊している山奥でのブログの更新は毎回命がけですよ。
でも、こんなに真昼にはめずらしいですえ。
しかし、近くで見ると迫力ありますな。
これでベイビーなのだそうです。
**注***
野生の象は迂闊にちかよると、大変危険です。
良い子は、こんなに近づいて、にやけた記念写真なんか絶対撮影しないように。
Cimg1280
という警告のための入魂の一枚。

dev
dev