天を味方につけ、運を掴み取る! Yoga的祈り①*幸運はつくるもの
2011年6月15日
From悩み⇒To 悟り Yoga的可能性⑨
2011年7月13日
Show all

“客観的に物事をみる”
といっても、
それは、けして他人に対して冷たくドライになれ、と言っているわけではない。
人々に対して、
必要ならば手を差し伸べ、助けることを厭わない。
ケアが必要なら、惜しみなく与えることができる。
基本的な関係において、
「信頼と思いやり」
はそのままにして、
あくまでも、私の主観だけをアンインストールするのである。
自分の意見や考え方を押し付けて、その人を変えようという要求を手放す。
ただただ、
“その人がその人であること。”
を認め、受け入れ、温かく見守ることができるように。
それがYoga的な理想の人間関係だ。
そんな風に人々と接することができることが、人としての懐の深さだったり、大きさだったりする。
Yogaは、大きな人間になることを目指している。
なぜなら、Yogaの最終的に理解すべきヴィジョンは、

『タット・トヴァン・アシतत् त्वन् असि
(You are the Whole,あなたの本質とは全体である)』

なのだから。
大きい心にしか、大きいヴィジョンは宿らない。
しかも、私たちがYogaにおいて理解しようと思っている事は、“大きい”ということすら超えた、
“全体”
なのだから。
・・・・
肝に銘じておきたいのは、私たちは自分の態度は変えられる。
しかし、他人を変えることはできない。
他の人の問題は、あくまでもその人の問題であって、私には一切関係ない。
私ができることは、それにリアクションせず、
ただ見守ること。
「信頼と思いやり」はそのままで、自由にしてあげることだ。
不機嫌な顔で挨拶もせず、イライラしている職場の人には、
「アー今日は、ご機嫌斜めですな~。ナマステ、ナマステ。」
くらいに思っておく。
彼女の、彼の不機嫌の原因は、私には関係ない。
仮に、自分の発言や行いがそのきっかけになっていたかもしれないが、
それを受け止めて、態度にだしているのは、その人だから、
やっぱり私にはどうしようもないのだ。
そんな風に、人を自由に、
そして自分を歪んだ主観から自由にする。
それが、実質悩みを手放すことになる。
その自由は、やがて必ず“究極の自由”『モクシャ(悟り・自由)』へ繋がっていく。
悩みを成長のチャンスに変えて、
世界から運ばれてくる課題を、私はどんどん突破していこうと思う。
最終的に、
鏡の向こうからいつも私を覗き込んで、厳しく批判してくる
“あの人”
から自由になるために。
_end___
***********************************
Cimg1294
ホーマ、というお焚き上げの後。
ご利益の煙を吸いこもう~
いつも長い文章を読んでいただきありがとうございます。
8月2日~15日まで一時帰国することとなりました。
ブログに関してのご感想やご意見、もしありましたら、どうぞおきかせください。
いつも、インドの山奥で1人ポチポチ孤独に打ち込んでいるので、
どんな風なことをお伝えするればいいのか、気になっているのです。
私も、一応“悩める人”ですから。
というわけで、
帰国中は、『Under The Lightアンダーザライト』
にできるだけいるようにいたします。
どうぞお話しおきかせくださいませ。
そして、今回の「リアリティー瞑想」を解説しながら、実践もしていきます。
ご質問はその際に、ぜひどうぞ。
朝だいぶ早いですが、このようなYoga的『集い サットサンガ』をする予定です。

向井田みおによる一時帰国企画、朝のYoga&「サットサンガ(Yoga人の集い)」
http://www.underthelight.jp/utl_news/2011/07/_yoga8345101112.html

気が向いたら、ぜひぜひ。
では、日本でお会いいたしましょう。
Cimg1286
お焚き上げの火に供物をなげこむ私。
どうか日本が、福島が復興しますように。
傷ついた方々が、癒えますように。
ここから、いつもお祈りしています。

dev
dev