Day286 4月14日金 本20Kg  送ったったったー

 

 

今日はインド、なぜか休日です。

グッドフライデー、だそう。

 

なんの日なんだろう?

 

まだまだ分からないことは多い。

しかし、今日も明日のテストのために

部屋にこもって勉強だから

休日だろうが平日だろうが、

同じだな。

 

 

 

テスト勉強の一方で、

私は帰国の準備を着々と進めており、

昨日は大量の本を送ってやりましたよ。

 

 

 

学校のすぐ隣に郵便局がある。

これが郵便局

P1030763

ちなみに後ろに見える白い建物は、いつも

キノコがこもっている学校の図書館・・

 

どんだけ近いんだよ、

って話でさ。

 

今日なんて、図書館のフェンスに開いちゃった穴

勝手に抜けて

郵便局にやって参ったよ。

 

 

 

信じられん有様だが、

これがインドの郵便局である。

緑のお姉さんが、ただ1人の郵便局員

P1040834

偉そうな態度のおっさんは、

アシスタント。

 

 

 

で、

本なんですが、

10Kg くらいか?と思ったけど・・・

 

 

はかったら本の重量

 

19・5kg !

 

 

 

 

・・倍だった・・

 

 

とんだ思い違いだよ。

 

 

 

自分が、思いのほか本を持ってたことにも衝撃だったが、

インドの本が重すぎることにも新たに衝撃を覚えた。

 

衝撃の 20Kg 本

P1040833

インドでは、送る荷物は箱に入れた後

白い布で包んで、縫わないといかんのですよ。

これは本屋さんや、荷物屋さんの

専門の係の人にお金を払ってやってもらう。

 

この状態にしないと

郵便局は受け付けてくれんよ。

 

 

 

 

ファインなメイド・イン・ジャパンの文庫本や新書なんて

あんなに内容濃くて

軽いのにな。

 

 

ちなみにインドから郵送できるのは

1箱20Kgまで。

 

今回、20KG で5000Rs(1万円くらい)だった。

 

 

そんなもんかな。

 

 

インドから送った本たちは

変わり果てた姿にはなるが、

わりと確実に日本に着く。

 

 

前は本をほとんどPDFの形にして持って帰ったんだけど、

やっぱり勉強するなら紙が一番。

 

これは私の師匠ダヤーナンダ先生もいっていた。

 

「参考資料ならデジタルもいいが、

勉強するなら、やっぱ紙だろ」と。

 

 

というわけで、

私は

パッド派ではなく、

絶賛紙派の古代人。

 

 

 

インド郵便局よ

今回も頼んだぞ。

 

 

そして

俺の愛すべき虎の子たち(本たち)ぃぃ~

 

 

お互い無事で、日本で再会できるといいなっ!

 

*インドは、やっぱり何があるかわからない土地柄。

運が良ければ、お互いまた会える・・

・・かもしれない・・

 

もののあはれ。

大変な趣と風情を感じる国であります~

 

 

 

mio
mio
1999年巡礼中YOGAに出会う。2003年Sivananda Ashram,Vivekananda Kendaraコース後、インドでYOGA放浪2010年―2013年ヴェーダンタ、サンスクリット語を3年半スワミ・ダヤーナンダ師より学ぶ2016年Kaivalyadhama Yoga学校ディプロマコース ≪著書≫やさしくわかるYOGA哲学『バガヴァッドギーター、ヨーガスートラ、ウパニシャッド』