お詫びと訂正

『WOMAN’S YOGA BOOK (ウーマンズヨガブック) 』 お詫びと訂正(2018.3)

3章P.183に日本語訳が抜けがありました。
お詫びして訂正致します。

【追加箇所】
—–
5.三角のポーズ(ウッティタトリコーナーサナ)

壁から10センチほど離れて、足幅を100センチ~120センチほどに開いて立ちます。左足の後ろの壁の前に、ブロックを縦に置きます。両腕を左右に広げ、大腿四頭筋から引き上げながら、胸を持ち上げ、正面を向きます。左足を90度開き、右足はやや内側に向けます。さらに安定性を出すために、右足を他の側面の床に置いておきます。腕を左右に広げて肩と一直線にします。腕は強く保ちます。吸って上体を上へ伸ばし、吐きながら、上体を左へ伸ばし、左手をブロックの上に置きます。右腕を頭上に伸ばし、臀部と上体を壁にもたれかけます。胸を通って左腕までストレッチします。左腕が、肩と右腕の一直線上にあるようさせます。優しく頭を回して右手を見るか、まっすぐ正面を見ます。このポーズを30~60秒保ちましょう。ポーズから出るには、両膝を曲げ、壁を押しながら身体を起こします。右側も同様に繰り返します。

このポーズが難しすぎる場合は、14章で取り上げた修正ポーズを行なってみましょう(335ページ)。

効果:首、肩、そして膝の硬さの緩和を促す。また、姿勢を改善するのにも効果的。
—–


『ハタヨーガ基礎と実践』 お詫びと訂正(2017.9)

ハタヨーガ基礎と実践 正誤表はこちら


『図解YOGAアナトミー:アーサナ編』 お詫びと訂正(2016.8)

下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

P.110
5:
誤)長腓骨筋長腓骨筋長腓骨筋長腓骨筋
正)長腓骨筋


『図解YOGAアナトミー:筋骨格編』 お詫びと訂正(2011-11-29)

『 図解YOGAアナトミー:筋骨格編 』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

P.206
6:
誤)橈側手根屈筋
正)腕橈骨筋

7:
誤)深指屈筋
正)長掌筋

10:
誤)尺側手根屈筋
正)橈側手根屈筋